インフルエンサーをもっと深掘りするメディア

menu

missy

結婚前に同棲するメリットとデメリットとは同棲歴2年の筆者がご紹介!

こんにちは!missy編集部です!

今回は彼に同棲しようと言われたけれど結婚前に一緒に住んでもいいの?という疑問を持った方や、結婚前に同棲することを決めて気を付けるべき注意点を知りたい!という方の悩みを解決すべく、同棲歴2年の私が結婚前に同棲するメリットとデメリット、そして注意点をご紹介します!

結婚前のデメリットとメリット、注意点を知り大切なパートナーとの同棲生活をぜひ楽しんでくださいね!

結婚前に同棲するメリットとデメリット

皆さんは結婚前の同棲にはどのようなイメージを持ちますか?

大好きな彼と一緒に暮らすのだから毎日ラブラブなイメージや、生活リズムが合わずにケンカしてしまうイメージなど人によって様々だと思います。

ここでは結婚前に同棲して実際に感じたメリットとデメリットをご紹介するので、同棲を考えている方はぜひ参考にしてくださいね!

結婚前に同棲するするメリット!

まずはじめに結婚前に同棲するメリットを3つご紹介します。

ほかにもたくさんメリットはありますが、私が同棲していて特に強く感じたものを厳選しましたのでぜひ参考にしてくださいね!

●メリット1つ目!相手の価値観がわかる

同棲をすると相手と一緒に過ごす時間が長くなります!

そのため相手の時間の使い方やお金の使い方、学業や仕事に対する考え方などさまざまな価値観がわかるようになるのです!

自分には無い新しい相手の価値観を知ることは自分の考え方の幅が広がりますし、どうしても受け入れられない相手の価値観があった際にも、結婚前に同棲するして相手価値観を知ることで、結婚後のミスマッチを防ぐことができます!

●メリット2つ目!家賃が半分になる

同棲をすると家賃を2人で払うことになるので半分になります!

例えば同棲の定番である2ⅬDKに住むとしたら場所によって変わりますが、大体6万円から10万円くらいですよね!

1人で2ⅬDKに住もうと思ったらその家賃をそのまま1人で払うことになり痛い出費になってしまいますが、2人で払うことで大体半分の3万円から5万円くらいに押さえることができるのです!

同棲するならどの間取り?同棲歴2年の筆者おすすめの間取りをご紹介します!

●メリット3つ目!安心感がある・お互いに大変な時に助け合える

一人暮らしをしていると心細かったり寂しかったりしますが、同棲をすることで明かりのついた家にパートナーがいることはとても安心感があり癒されるのです!

仕事や学校などで落ち込むことがあれば、お互いに話を聞いたり励まし合ったり、忙しくて家事などに手が回らない場合もフォローしあうことができ、大変な時に助け合うことでより信頼関係が深まります!

 

結婚前に同棲するデメリット!

続いて結婚前に同棲するデメリットを3つご紹介します!

デメリットを事前に知ることで気を付けたり対処することができるので、こんなにデメリットがあるんだ…と考えすぎずご安心くださいね!

 

▲デメリット1つ目!どちらかが家事をしない場合負担がかかる

2人で暮らすとなると家事は分担することになりますよね!

どちらかが家事が苦手でできなかったり、忘れていてやらなかったりすると片方に負担がかかってしまいます!

2人で協力して家事をやれば楽ですがどちらかがやらないことで、2人分の家事をやる肉体的負担と「いつも自分ばかり…」という精神的ストレスで喧嘩になってしまうことも!

未然に防ぐためには家事を当番制にしたり、得意分野と苦手分野で役割分担をしてどちらかに負担がかからないようにしましょう!

 

▲デメリット2つ目!生活リズムが合わないことがある

どちらかの仕事に夜勤があったりなど仕事や生活が不規則だと生活リズムが合わないことがあります!

生活リズムが合わないと、眠りたいのに夜遅くに物音やテレビなどがうるさくて寝れずにストレスがたまったり、仕事で遅くに帰ったらパートナーが寝ているため自由な時間を過ごせず気を使いストレスがたまってしまうことがあります!

せっかく一緒に生活すると決めたのですからストレスなく過ごしたいですよね!

もし生活リズムが合わない場合は、各自の部屋を用意することをおすすめします!

ひとつの部屋に2人で暮らすと音や光なども伝わりやすく眠れなかったり、パートナーを気にするあまり時間を過ごせない場合がありますが、自分の部屋があれば音や光も伝わりにくく、プライバシーも守れるのでストレスなく過ごすことができます!

 

▲デメリット3つ目!喧嘩が増える・別れる場合に手間がかかる

育った環境が違う2人が一緒に暮らすことはとても大変なことでさまざまな壁を乗り越えなくてはいけません!

同棲をすると一緒にいる時間が長くなり、相手の嫌な一面を知り喧嘩になる可能性もあるでしょう!

喧嘩をしても仲直りできれば良いのですが、その喧嘩がきっかけで別れてしまう事もあるのです!

同棲をしていなくて別れる場合は別れ話をして連絡先を消したりするだけですが、同棲をしている場合別れても離れるまでに時間と手間がかかります!

例えば家の契約を解除し引っ越したり、一緒に買った家具家電などはどうするかなども話あう必要があります!

 

結婚前に同棲する注意点!

 

ここでは結婚前に同棲する注意点を3つご紹介します!

先ほど紹介した結婚前に同棲するメリットとデメリットのほかに、同棲するなら知っておきたい注意点があるのでぜひ最後までご覧ください!

✖注意点1つ目!ご両親に報告とご挨拶をする

これは相手のご両親の価値観によって異なる場合があります!

「結婚するわけじゃないなら挨拶は望まない」「もう大人なのだから本人に任せる」という同棲の挨拶は無くてもよいという考えのご両親や、「同棲するということは将来のこともかかわるから挨拶はしてほしい」「どんな人と住むのか確認しておきたい」という考えのご両親もいるのです!

ですが挨拶をされて嫌な気分になることはあまりないと思いますし、もしパートナーのご両親が挨拶をしてほしいという考えだった場合に挨拶をしないと不快な思いをさせる場合もあります!

そのため挨拶はしておく方が良いかもしれません、パートナーとしっかり話し合いどうするか決めてくださいね!

 

✖注意点2つ目!同棲期間を決める

結婚前に同棲する場合同棲期間は決めた方が良いでしょう!

期間を決めずに同棲した場合、ダラダラと何年も同棲のまま結婚しないことがあります!

同棲は一緒に生活するという面では結婚に似ていますが、結婚とは違い同棲には相手の人生に対してに責任はありません!

そのため、期間を決めずに長い間同棲生活を続けるとその生活に満足してしまい「このままでいいや!」と思ってしまうこともあるそうです!

また、結婚したいとは思っていてもタイミングがわからなくなってしまうこともあるそうなので、同棲の先の結婚まで考えている方はパートナーと相談して同棲期間を決めた方が良いでしょう!

 

✖注意点3つ目!同棲に必要な物について話し合う

同棲する場合2人用の家具や家電などが必要になります!

お互いに持っているものを同棲でも使ったり、もしくは同棲の為に2人用の物を購入する場合もあるでしょう!

同棲に必要な家具や家電などの物を購入する場合2人で折半して購入する場合がほとんどですが、もし同棲解消やお別れする場合に2人で折半して購入したものはどうするかということになるので、あらかじめ相談しておくことが必要です!

また、必要なものをすべて購入するとなると数十万円ほど必要な場合もあるので同棲する前に2人でどのくらいの資金を用意するか相談することをおすすめします!

まとめ

この記事では結婚前に同棲するメリットとデメリットをご紹介しました!

同棲生活は楽しいことだけでなく大変なこともあります!

しかし大変なことも2人で乗り越えることで絆が深まりますし、今まで気づかなかったパートナーの性格や魅力も知ることができます!

今回紹介したメリットとデメリットを参考にして大切なパートナーとより良い時間をお過ごしください!

 

関連記事

ライター情報

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031