インフルエンサーをもっと深掘りするメディア

menu

missy

インスタ映えする写真の撮り方・コツまとめ📸

­Instagram向け写真の撮り方①📸

 

こんにちは!missyメンバーのマリカです❤︎

いつも写真の撮り方がわからない…。撮った後にいまいちしっくりこなかったときなどのお悩み解決‼〜私流Instagram向け写真の人の撮り方①〜について紹介します✌︎

【10万フォロワーのあやちゃん直伝】インスタのフォロワーを激増させる方法!♡

これがあればインスタ映え間違いなし!置き画に使う小道具特集!

 

💜TwitterとInstagramの写真の特徴

そもそもInstagram向けと言っているのには理由があります👆

それは例えばTwitterでよくある人撮りの写真(ポートレート)は大雑把に言うとこちらを見てわかるように…

 

 

アンニュイであったりエモいというような言葉が合う味のあるテイスト

・人物の顔が真ん中で無かったり、目線が外しで遠くを見ていることが多い

・望遠レンズで周りをぼかしたりする

・光と影を駆使(逆光を利用して顔を映さないことも)

・写真の形やカメラから撮る人物の距離が自由

などなど…

 

ちなみに最後の写真は私です笑

 

 

では、対してInstagramの写真(スマホカメラ)ではどうでしょう?

 

おしゃれ、インスタ映えという言葉が合い、それぞれの人に統一感がある

・人物の顔はほとんど真ん中にあり目線も大体限られていて、カメラ目線か横、または下を向くだけなどがほとんど(※グリッドで見ても基本的に真ん中に顔がある)

・人物だけが中心とは限らないのであまり周りをぼかすことはない

・顔が盛れることを重視していてUlikeやsnowなどのアプリを使うことが多いので逆光はもってのほか

・Instagramに投稿できる写真のサイズは3種類に限られているがほとんどのインスタグラマーは正方形を利用している←理由は後ほど…

 

この投稿をInstagramで見る

 

あやちゃん♡(@aya.you.love.r)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

あやちゃん♡(@aya.you.love.r)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ala Marika(@ala020739)がシェアした投稿


※グリッドというのは画面の縦と横に均等に2本ずつ線が表示されます。 写真の構図を作る際に、この線は役立ちます。

上のInstagramの欄にある3枚の写真はどれも真ん中に人物の顔があります。

私のいう真ん中というのはグリッドの4隅以外の事です。

💜Instagramの写真の規定サイズ

Instagramの規定の3種類のサイズは以下のようになります。

1.91:1      1:1(正方形)     4:5

ただ縦型についてなのですが、気をつける点があります。

ホームに流れてくる画像はどのサイズでも問題なく見れるのですが、見たいアカウントがあった時に全て正方形で見れるようになっています。

こちらは私のアカウントなのですが、タップすると長方形のものもあります。

投稿したものをアカウントから見る時に正方形に切られてしまうので長方形(縦型も横型も)のものは考慮してから載せるようにしています。

例えばこちらの写真を見ていただくとわかりやすいと思います。

こちらがアカウント画面から写真をタップして開いた状態です。

上の写真と比較していただくと正方形に切り取られても違和感がないと思われます。

しかし大体のインフルエンサーの方々は面倒であるなどの理由で元から正方形で写真を撮られる方が多いです📸

 

 

ではやっと本題に入ります!!笑

💜スマホで写真撮るときの裏技、インスタ向け編

 

❶明るさ調節

❷フラッシュやライトの活用

❸カメラ角度

❹撮る対象者とカメラの距離

 

 

❶明るさ調節

アプリで撮る場合もノーマルカメラで撮る場合も多少の逆光で顔が暗くなる時ってありますよね?

そんなときに是非使っていただきたい機能があります!!

もう知っている方もいるとは思いますがまず、共通して言えるのは明るさ上げてみることです!

ノーマルカメラであれば撮りたい人にスマホカメラをかざした後、画面上の顔にワンタップするとピントが調整され、下の写真のように太陽の上下にスライドされるバーがでてきます。

そちらの太陽に触れ、上に少しずつ上げてちょうどいい具合に調節して行きましょう。

明るさのバランスが悪いときは顔の周辺でタップし上げるというコツもあります。

逆にバーを下げると実際の太陽や照明などのバランスによって味が出ます。私の場合、明るい場所だとバーを下げる事で顔の陰影が出るので小顔効果があり、時と場合で使い分けています✌︎

 

加工アプリカメラも同じように表示されるので実際に機能を知ってはいたけど使っていなかったという方にも是非試していただきたいです!! 全然違います!!

 

❷フラッシュやライトの活用

暗い場所でバーをあえて下げ、フラッシュをたくと写ルンですのようなお洒落な写真が撮れるのでお勧めです👍

他の裏技としてはフラッシュのテイストがあまり好きではない、あるいは自分のインスタの系統に合わないという方はバーを下げてお友達のスマホのライトを借りて光を顔に当てながら撮ると少し大人な雰囲気になるんです!!私個人そういった系統が好きなのでとてもお勧めです❤︎

例えば去年のハロウィン辺りに撮った写真でその方法を用いました。

https://www.instagram.com/p/B4XZ5JFHvpL/?igshid=1wisj5vcvi059

今たくさん使っている方が多いと思いますがUlikeとfiufiuというアプリでなどで言える事なのですが、設定画面にいくと高画質とミュート撮影が選べます。

ミュート撮影ですと画質が多少下がってしまうデメリットがある一方、高画質を選択するとカメラが音有りになってしまうのですがより鮮明で綺麗になります。

❸カメラ角度

カメラの角度についてですが、ここでまたグリッドを活用したいと思います!

多くの方がやりがちなのは対象者を斜め角度で撮る方法だと思いますが、私個人が思う1番いい角度は垂直です!!

どういうことかというと人物を中心に真っ直ぐな線に例えたとしてグリッドの横線が垂直にくるようにカメラを動かすのです。

わかりやすく黄色い線を引きました。

 

なぜ垂直にするかというと変に斜め角度で撮ると他の写真が並んだときに統一感が無くなってしまう場合があります。

他にも斜めだと全てに言える事ではないですが、ダサくなってしまう場合があるという理由もあります。

例えば…

上の垂直に撮った場合と比べていかがでしょか?

こちらの一見悪く見えないかもしれませんが全体的なバランスを見るとどことなく微妙に見えませんか?

はじめに垂直に撮った写真の方がバランスが良く見えるのではないでしょうか…

 

次に繋がるのですが、私は写真から何を伝えたいのかが重要だと思っています。

 

❹撮る対象者とカメラの距離

今の写真であれば太陽が眩しいくらいに天気が良く、お洒落なカフェで美味しいスイーツを食べている。それらを伝えたいので少し距離を離して入れたい部分を確認し、写真を撮っています。

 

メイクの写真を見せたければ顔をアップにして撮ることもあります。

 

ただ一つ注意していただきたいのが、正方形で撮るときに頭上に少し余裕を待って写真を撮りましょう。

2枚目の右下の写真を見てわかるように頭上部分が切れてしまうのです。初めの方でお伝えしたように投稿してアカウントから見るときにこのようなことが起こるので注意しましょう。

 

インスタの写真は一枚で完結するわけではありません。各々のアカウントで世界観が創られたり、どこかしら統一感がある方が見やすいし、惹かれませんか?

 

私の個人の見解がたくさんあるので一概に言えない部分があるかもしれませんが、気になる技があれば是非周りのお友達に教えたり、有効活用してみてください❤︎

 

最後まで読んでいただきありがとうございました👐

高画質無加工でスタイル良い写真を!〜iPhoneカメラ編〜

 

関連記事

ライター情報

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930